自殺をほのめかすSNS投稿への対処法

あなたが自殺願望のある人への対応法を知っていることで、一人の命を救えるかもしれません

Dan
Dan
2019/1/17
自殺をほのめかすSNS投稿への対処法

「もう終わりにしたい。」- このような投稿をSNS(ソーシャルメディア)で目にしたことはありますか?自殺や自傷をほのめかすような他人の投稿にSNS上で出くわした際に、どのように反応すればいいかわかりますか?SNSにおける私たちのやりとりの多くは仲の良い友人などとのものですが、これらのサイトのコンテンツの多くはパブリックドメインです。つまり、実際に会ったことのない人の投稿や、ほとんど知らない人の投稿に遭遇することが頻繁にあるということです。しかし、知らないからといって、助けを必要としている彼らを救うことができない、というわけではありません。

この記事では、あなたが個人的に知らない人によるそのような投稿にどう対応するかについてお話したいと思います。

SNSの投稿に反応することで命を救うことができる

自殺啓発教育委員会(SAVE)のエグゼクティブディレクターであるダニエル・ライデンブルグさんは、Facebook上で、夫を亡くした女性が彼女の子供とともに命を絶つことをほのめかすような投稿を発見しました。

彼はその女性を知らなかったし、彼女の住処も知りませんでした。

彼はカナダのモントリオールにあるFacebookの安全センターに連絡しました。職員は、数分後に、南米にある小さな村のインターネットカフェにおいてそのつぶやきが投稿されたことを追跡して、すぐさま地方自治体に連絡したのです。

Facebookから手に入れた女性の写真を持っていた警察は、彼女がそのカフェを出てから10分もかからずに発見することができました。

そして彼女は病院へ連れられ、子供は引き取られたのです。

このストーリーは、たとえあなたが当の人間を知らなくても、自殺をほのめかす類の投稿に対応することができ、その人の命を救うことができるということを示しています。

この場合、ライデンベルクさんは若い女性の命だけでなく、子供の命も救うことができたのです。

行動すべきか?

多くのオンラインコンテンツでは、声のトーンやボディランゲージなどがわからないため、本気で自殺を考えている人の投稿と、単に気分を悪くしたり悪い日を過ごしている人の投稿を区別することは困難です。

仲の良い友達などのSOSサインなどに気づくことは難しくないかもしれませんが、未知の人の投稿は、それほど明白ではないでしょう。

典型的なサインの1つは、「もう生きたくない」、「もう生きる理由がない」、「自分なんて誰も必要としていない」などの間接的な表現に注意を向けて、気付くことです。

これはオンラインコンテンツにも同様に当てはまり、無視してはいけません。

あなたがそのような投稿をしている人を知っているかどうかに関わらず、そのサインは常に重く受け止めるべきであり、すぐに行動に移すべきです。

自殺をほのめかすSNSの投稿に対応する方法

あなたがその人を知らない場合、その人が自殺をほのめかすような投稿にどのように対応するかを知るのは難しいかもしれません。

しかし、それはあなたがその記事を無視すべきだという意味ではありません。

報告システムを使用する

投稿を報告することは簡単なステップですが、上記の物語が証明するように、非常に効果的です。

主なSNSプラットフォームにはすべて報告システムがあるため、もし自殺に関連する投稿を見つけたら、すぐに報告しましょう。

そうすると、投稿はそれを分析できる専門家に送信されます。さらなる行動が必要と判断されたなら、状況を十分に把握するために、投稿者がアクセスする情報(居所など)が専門家に送られます。

これらが人気のあるプラットフォームの報告システムへのリンクです

他のソーシャルメディアのサイトでは、「[ソーシャルメディアプラットフォーム]で自殺記事を報告する」と検索すると、ほぼ確実にすぐに関連ページに移動します。

直接手を差し伸べる

ダイレクトメッセージで連絡することは、たとえあなたが当の人を知らなくても、必ずしも悪いことではありません。
あなたがそれが適切な行動だと判断し、不安だと感じないならば、直接手を差し伸べることも効果的であると示されるでしょう。

しかし、あなたがその方法を選択したなら、あなたが本当にその人に心を開いて話を聞くことができるかどうかしっかりと確かめましょう。不誠実または中途半端なアプローチは善よりも害を及ぼす可能性があります。

自殺予防ヘルプラインでは、自殺のトピックについてどのように話をするかなどのヒントが提供されています。

-素直でいましょう。自殺について率直に話しましょう。
-喜んで聞いてください。感情を表現することにオープンになりましょう。
-非難しないでください。自殺が正しいのか間違っているのか、あるいはその感情が良いのか悪いのかについて議論しないでください。人生の価値についてお説教をしてはいけません。
-真剣に関わりましょう。興味とサポートを示してください。
FacebookやJed Foundationが作成した、Help a Friend in Need,も似たようなアドバイスを提供しています。

これらのガイドはあなたが知っている人と話すために作られていることを覚えておいてください。あなたが心配するような記事が、他人またはあなたがほとんど連絡を取っていない誰かによって投稿されたものである場合、その個人に適したトーンを見つけることは少し難しいかもしれません。

問題の人に直接、または親しい友人や家族に直接連絡を取ることは、サポートを必要としている人を支援するのに効果的なツールです。

しかし、あなたがそうすることを不快に思っておらず、その人と議論する意欲に誠実であることを確認してください。

もし、個人的にコンタクトをとることに不安があるなら、報告システムを使うことが最良の方法でしょう。


あなたが自殺に関するSNSの投稿を見たとしても、あなたがその人を知らなかったり、接点がなかったり、もしくは世界の反対側に住んでいるかもしれないという事実は、あなたが彼らを助けられないということではありません。

たとえあなたがその人と個人的に連絡を取ることができなくても、主要なソーシャルメディアはそのような状況に対応するための十分なシステムがあります。

報告するのに数分を費やすことで、彼らの自殺を防げるかもしれません。

ダニエル・ライデンバーグの物語が証明するように、それは人の命を守ることができるとても簡単な行為なのです。


この記事の関連
-成人のうつ病を防ぐ方法

うつ病治療のためのアプリ

うつ病治療のためのアプリ

抗うつ薬や他の薬に対するリマインダーだけでなく、MyTherapyの健康に関するジャーナルと症状記録は、あなたがあなたの治療の進行状況を追跡するのをサポートします。